土地を選ぶときはハザードマップも参考にしてください

昨日は東日本大震災から13年目の日でした 年明けそうそうの能登半島地震など地震など自然災害はいつ起こってもおかしくない状況です 日頃からの防災意識と防災準備はとても大切です

それと合わせて自分が住んでいる地域のハザードマップを理解しておくことも大切です これから土地を購入して家を建てようと考えている人も希望の土地のハザードマップを確認して購入することをおすすめします

私が住んでる愛知県岡崎市は矢作川という一級河川が流れています

大きな川付近は昔から洪水などの自然災害が発生しているので岡崎市のハザードマップを見ると液状化や洪水被害は矢作川周辺が多いです

ただ 徳川家康が生まれた岡崎城や家康に関わる神社仏閣などは液状化や洪水被害のハザードマップから外れたところにあります

当たり前のことですが そのような被害がないので城や神社仏閣を建てることができたのだと思います

これから土地を購入する方は その土地周辺に歴史的な史跡があるかどうか調べるといいと思います

また最近の地名には〇〇町字〇〇という字の地名がない場合が多いです 字〇〇に水が関係している文字が入っているとそれに関係いている地域なので液状化や洪水災害の可能性があるのではないかと思っています

豊田市の洪水災害ハザードマップを見るとトヨタ自動車さんの工場はちゃんと洪水被害地域を外して建てられています さすがです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です