微動探査のセミナーを受けて来ました

株式会社Be-Do 戸成さんの微動探査のセミナーを受けて来ました 

微動探査人が感じないくらいの揺れ(微動)をもとに地盤や家屋の特性を調査する手法。穴をあけたり騒音を発せず、非破壊、無振動・無騒音のクリーンな調査方法です。舗装や土間コンクリートの上からでも調査が可能で、既に住宅が建っている脇のガレージや庭先、玄関先などのスペースでも可能な調査法です。ここでは地盤の常時微動探査を実施しています

以前からその探査方法は承知していましたが その時は 地盤改良会社がそのデータだけでは地盤改良の判定には使用できない スウェーデン式サウンディング試験でのデータで判定して 微動探査は参考程度の扱いと言われた経験があるので 実際の現場には採用せず 知識だけでした

セミナーを受けて 能登半島地震 微動探査現地調査の結果を伺い 被害が大きかった地域は j-shismapに表層地盤増幅率の微動探査の結果と差が大きいところで 増幅率が倍 微動探査の方が多かったです

また被害が軽微で奇跡の町と呼ばれた志賀町赤崎では表層地盤増幅率が0.98で7階建てのビルが倒壊した輪島市河井町2.68でした 

河井町は構造計算のときに設定する地盤種別で 微動探査の結果だと第3種地盤の部類になります 第3種地盤は日本ではなかなかないので 建築地の地盤を調べても第3種地盤に相当することはほとんどないのですが 微動探査ではそのような地盤を見つけることができます

地盤の種類設定を間違えると構造計算が間違った前提で計算れてしまいます 耐震等級3と思ったら 実は違ったなんてことも発生してしまします

地盤の保証を受けるためにはスウェーデン式サウンディング試験で地盤調査を受け改良工事をする

地盤の状態を把握して構造計算に反映するには微動探査

という2本立てが必要だと思いました

温暖な地域は断熱改修がなかなか受け入れていただけません

日本サステナブル建築協会主催の住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第8回報告会で 都道府県別の住宅の室温の調査結果が報告されていました

私が住む愛知県は

居間と脱衣室の温度差が低い順位(差がない) 温度差1.8℃で第2位 1位は兵庫県で温度差1.2℃ 最下位は秋田県で9.2℃

居間と寝室の温度差順位は 温度差3.1℃で 第8位 1位は徳島県の2℃ 最下位は秋田県の7.7℃

ところが 朝晩の温度差は 温度差3.6℃で 第36位 1位は北海道で1.2℃ 最下位は岩手県で4.9℃

愛知県の場合 温暖の地域なので 日中は気温が上がり 日射熱も多いので 断熱性能が低い1枚ガラスはそれと裏腹で外のからの熱を通しやすいので 太陽の光と気温の恩恵を受けて 日中は居間と他の部屋との温度差が少ないのではないかと思います

一方 朝晩の温度差は 断熱性能が低いと日中と違って日がかげると今度は外へどんどん室内の熱が逃げていきます それによって朝は寒いとい状態になると思います

愛知県の場合 断熱性能が低い家でも朝の寒さだけをしのげは あとは大丈夫という感覚かもしれません ちなみに北海道は全体的に断熱性能が高い家が多いので 朝晩の温度は1.2℃の1位です

断熱性能が高いので 日中の太陽熱や暖房の熱が朝にかけて逃げにくいと思います

愛知県の家はは朝だけ低温を感じて日中は室温差少ないので合格点の家と思われるかもしれませんが、WHOが勧告する健康住宅のための室温18℃は下回っています。

朝晩の温度差を少なくして 全体的に温度を上げる断熱性能は必要だと思いますが

中途半端に暖かい温暖地域の断熱改修の理解を得るのはなかなかむずかいしいのかと考えてしまいます

昨日は日本サステナブル建築協会主催の住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第8回報告会を見ました

断熱改修前後調査から得られた知見として

主なポイントは (配布資料の原文をそのまま記載しています)

①断熱改修によって家庭血圧が有意に低下

断熱改修を行った群と断熱改修を行わなかった群の血圧変化量の比較分析の結果、 断熱改修によって起床時の最高血圧が 3.1mmHg、最低血圧が2.1mmHg有意に低下

② 心電図に異常所見がある人は、室温 4.0 が18°C以上の住宅に比べて、12〜 3.0 18°Cの住宅で1.8倍、12°C未満の住 2.0 宅で2.2倍、有意に多い心電図に異常所見がある人は、室温 4.0 が18°C以上の住宅に比べて、12〜 3.0 18°Cの住宅で1.8倍、12°C未満の住 2.0 宅で2.2倍、有意に多い

③ 寝室が寒い、乾燥していると自覚する者ほど睡眠の質が低いことが明 らかとなった。また 室内環境が良い住宅で心身の健康状態が良いとの事

④ 座位時間(座ってる時間)が⻑くなると総死亡のリス クは段階的に上昇するそうで それが断熱性能の向上すると座位時間が短くなるそうです

⑤ 高齢者の転倒・転落・墜落による死亡者数は交通事故の約4倍で骨折・転倒は,高齢者の介護要因第4位だそうです

住宅の寒さが,絨毯やカーペットを敷く,スリッパを履く,厚着をするなどの行動性体温調節を引き起こし,転倒リスクを高めた可能性があるそうです

家が暖かくなると上記のような改善が見られるので 光熱費削減だけではなく 健康になる事で医療費削減にもつながるので 断熱性能を上げることは重要だと思います

また WHOでは冬季の最低室温18°C以上

(小児・高齢者にはもっと暖かく、換気の重要性も指摘)としていますが、日本ではWHO勧告18°Cを満たさない住宅が 9割だそうです。 

無駄なエネルギーを使わずに寒さに耐えている生活です 子供は風の子と言いますが家ぐらいは暖かい方がいいと思いますが

国土交通省さんの資料でまとめられていました わかりやすいです

以下国土交通省説明資料より引用させていただきました

UA値を気にするなら ここも気にしてください

住宅の断熱等級を決める要素である UA値(外皮平均熱貫流率)という値があります
例えば愛知県なら 断熱等級4は0.87(W/㎡K)ZEH基準である断熱等級5は0.6(W/㎡K)というUA値が定められています
UA値が小さいほうのが熱が逃げにくい住宅 断熱性能が優れている住宅となります
UA値は その住宅全体から冬は室内から逃げる 夏は外から入る熱を その住宅の例えば天井・壁・床など住宅を囲む面積(外皮面積)で割った数字です
外皮面積1m2あたりどれだけ熱が逃げるかとうい値です

自分の家と他の家は 当然大きさが違うので 外壁面積もが違いますので 比較するときに使う値です

ただUA値だけを見ても その住宅全体でどれだけ熱の移動があるかわかりません 外皮面積で割る前の熱損失量の合計((W/K)を見るとその住宅全体の熱の移動 つまり どれだけ暖房や冷房能力が必要かわかります(換気や漏気などの損失熱量はふくまれていませんのでざっくりの計算ですが)

例えば UA値0.6で外面積が350㎡(約50坪程度の家)とUA値0.87で外皮面積が250㎡(約30坪程度の家)の場合 0.6×350=210W/K 0.87×240=209w/kとなって 住宅の暖冷房の光熱費はほぼ同じとなります 

UA値でみると当然0.6の方が断熱性能が高いので暖冷房の光熱費が安い感じがしますが 建物の大きさでみると上記のような結果になります


住宅会社さんからUA値の説明を受けるときには熱損失量の合計((W/K)はどれくらいかもお聞きした方がいいと思います

冬 かなりの期間 暖房なしでもいけるかも

金曜日からご不在のお客様のご自宅

無人の室温を確認しました 冷蔵庫や24時間換気の熱とその他の家電の待避電力の熱しかないほぼ自然室温です

土曜日の朝7時 室温が約20℃ 外気温約0.7℃

日中14時 室温が約21℃ 外気温約12℃

私の自宅は人がいる状態で朝7時は約12℃ 日中14時はエアコンつけて約22℃です

高気密高断熱の高性能住宅の実力を実感しました。

室内で上着を羽織っていれば 冬かなりの期間無暖房で生活できそうです。

すべてのリアクション:

5清水 一人、澤田 藤茂英、他3人

一次エネルギー消費量計算プログラム  おひまさエコキュートでの評価が可能になりました

知らなかった 一次エネルギー消費量計算プログラムで エコキュート 昼間焚き上げモードが選択できるようになっていました 今 太陽光の売電価格が安く 電気の購入価格が高いので 太陽光発電 売電するよりは自家消費した方が得です

また深夜電力(ナイトタイム)料金も以前より高くなっています

特にお湯を沸かすエコキュートは電気代がかかるので 深夜電力(ナイトタイム)の電気代で沸かすより 太陽光発電の自家消費で昼間沸かすのが得です 電気代発生しないので

その評価が公的なプログラムできるようになりました

ただ 中部電力ではまで 昼間焚き上げる 通称 おひさまエコキュートに対応したプランがないので 早く対応してほしいです

テキストの画像のようです

すべてのリアクション:

4澤田 藤茂英、木村 真二、他2人

家の室温 実測とシミレーションを比較してみた

施工させていただきました 施主様の物件の室温を1年間計測できたので シミレーションと比較してみました

断熱性能計画の時、Ua値の断熱性能はあくまでも目安の一つと考え 実際の室温が何℃になるかを重要視しているので、いつもシミレーションソフトで室温を確認しながら断熱性能計画をしています

ここで大切なのは 実測がシミレーション通りになっているのかがとても大切です

1年間の実測がとれたので シミレーションと比較してみました

使用するシミレーションソフトは ホーム君省エネ診断エキスパートです

結果を見るとLDKの室温比較で 

年間平均をみると室温がシミレーションより1℃高い 

相対湿度が室内がシミレーションより8%低い 

外気の温度は気象庁とシミレーションを比較して気象庁がシミレーションより1℃低い 

外気の相対湿度は気象庁がシミレーションより4.1%低い

という結果になりました ホーム君の気象データが2010年 気象庁が2022年から2023年なので外気のデータが違うので比較が難しいのですし 日によっては差がとても大きいときもありました

何が原因で結果が違うかを今後も検証していきたいと思います

その結果 それらを踏まえて、実測とシミレーションの差の傾向がわかれば 

プランニング時にお施主様にシミレーション結果を提示するときに シミレーション結果に対しての注意点をお伝えすることができるので、実測とシミレーションとの比較はとても大切だと思います 

シミレーションはに実測の裏付けがあると信頼性があがるので

ホーム君の気象データが最新年になるともっと検証できるのですが バージョンアップを待ちます

屋根がづれていますよって言ってくる訪問業者は要注意です

昨日 お客様から 近隣出で仕事をしているという業者が訪問してきて 「お宅の鬼瓦がづれている 瓦を固定する針金が外れているので気になってうかがいまして」との事 お客様はいつも依頼している工務店があるので そこへ連絡するって言って帰ってもらい 弊社へ連絡下さいました

連絡をもらった時に すぐに訪問販売の手口だと思いましたが 念の為に本日ご訪問

結果 どこがって言う感じ 無傷でした

外れているのは 昔屋根野上にのっていたTVアンテナを固定する針金の残骸 そんなもの残っていても全く問題ないです

不安を煽って意味のない工事をする 常套手段です

一般ユーザーの方は建築の知識はほぼないので 一瞬 えっとなりますが わざわざ訪問する業者には反応せず 嘘でもいいからその場では知り合いの工務店に確認してもらって見ると言って下さい

後日 ホームページやご近所やお友達に紹介してもらった工務店さんに確認してもらった方がいいです。

良心的な工務店さんは受注があり日々忙しくて 街中をふらふら見て回る時間ないですから

すべてのリアクション:

1田原 義哲

北側の台所の室温がほぼ外と同じ

シロアリ消毒の保証期間がまもなく終了するお客様のご自宅へ 再処理の見積を作成するために ご訪問しました

シロアリ業者が床下調査中 暖房がついた居間でお客様と談笑 お客様いわく この時期は北側の台所が寒くてきついとのこと

扉を開けて台所に入ると 本当に寒かったです 午後1時訪問で その時の外気温が7.7℃で風が強かったので体感温度はもう少し寒いと思います

測定機器を持参しなかったので正確ではありませんが 台所は風がない外という感じでした 家全体の断熱性能の低いので お客様は暖房室でもフリースを着ている状態です 

ヒートショックが発生する状況だと思います 

とりあえず この寒さを解消するために 現時点で熱が一番逃げる窓の断熱性能を高めるためには内窓である2重窓を取り付ける方法 速攻性があるので

政府の補助金 住宅省エネ2024キャンペーンが始まりますので それを利用した2重窓のリフォームをご提案いたしました

室内の温度差が大きい家は 寒いだけではなく健康に影響します

気密性能の大切さ

断熱性能と気密性能はワンセットと言われます 断熱性能を高めると室内は暖かくなります しかし 気密性能を疎かにすると 断熱性能を高めて室内が暖かなればなる程 気密性能の低下による隙間風のスースー感がよくわかるようになります。

室内が低い時は寒い隙間風との差が気づきにくいのですが

断熱性能を上げる時には気密性能も上げることがセットだと思います

断熱性能上げただけで 気密性能忘れると隙間風の不快感をお施主様に感じさせるので 断熱性能と気密性能はワンセットです